自転車に関する法律について

自転車は、多くの方が利用する乗り物ですが、自動車と同様に道路交通法と呼ばれる法律によって様々な制限があります。
特に自転車の法律に関して最近話題となったものの一つに、道路交通法の一部改正に伴って、自転車の路側帯通行が左側に限定されることになったことが挙げられます。
これに伴い、これまでは歩道がない道路の路側帯は、左右どちらでも通行することができていましたが、法改正後の現在では、通行することができる路側帯は左側のみとなります。
路側帯とは、簡単に言えば歩道がない道路の端に設置されている、白い実線や点線などによって車道と区別された部分です。
これまでは、実線2本で区別された歩行者専用路側帯を除いた路側帯で、左右どちらの路側帯を通行しても問題なかったものの、これからは右側の路側帯を通行した場合は、道路交通法の違反となってしまいます。
違反した場合は、定められた期間の懲役または、罰金が科せられることになります。
自転車は子供から高齢者まで幅広い年齢層の人が、手軽に利用することができる乗り物です。
しかし、自動車と同じように道路交通法と呼ばれる法律が適用するため、法律の遵守が必要となるものであるということを理解して利用することが重要となってきます。